2010年8月26日木曜日

「ナイト・アフター・ナイト」U.K.

原題:Night After Night / U.K.

■「Night After Night
   (邦題:ナイト・アフター・ナイト)」収録







高速道路に夕闇が立ちこめる
車の列は宝石に姿を変える
僕は半ば狂ったように車を走らせる
家路についているのならいいのに
ねぇ君 君と一緒にいないと
僕はまるで気が触れているみたいだよ

毎晩毎晩そしてまた次の夜も

僕は見知らぬ人の瞳をのぞき込み
過ぎ去った自分の姿を思い出す
きのうは過去の自分を置き去りにしようとする場所
未来はあまりに動きが早過ぎる
ねぇ君 君と一緒にいないと
僕はまるで気が触れているみたいだよ

毎晩毎晩
同じようなくだらないケンカ
もちろん僕はわかっているよ
それが毎晩繰り返されるのは良くないことは

滑走路に赤いライトが見える
飛行機は思った以上に速く動き
僕はエンジンの最後の響きを耳にする
そして残るは完璧な静寂
僕は思う 二人の間の距離
そして発せられることのなかった言葉

僕は思う 二人の間の距離
そして発せられることのなかった言葉


Darkness descends on the freeway
Traffic lines turning to stone
I'm driving myself half crazy
I wish I were headed for home
Say girl when we're not together
I feel like I'm losing my mind

Night after night after night
after night after

I look in the eyes of a stranger
Reminding myself of the past
Yesterday is what I will leave it
The future is moving too fast
Say girl when we're not together
I feel like I'm losing my mind

Night after night
It's the same lousy fight
And I know it ain't right that
It's night after night after

I see the red lights on the runway
The jet is moving too fast
I hear the last roar of the engine
And beautiful silence at last
Think of the distance between us
All of the words left unsaid

Think of the distance between us
All of the words left unsaid

【メモ】
イギリスのプログレッシヴ・ロック最後の大物バンドU.K.の、1979年発売の日本公演のライヴ盤「Night After Night」から、タイトル曲「Night After Night」である。
 
来日時にはすでに2ndアルバムのキーボード・トリオ編成になっていたのだが、このトリオU.K.は、後のAsiaに通じるキャッチーなメロディーと、かなりハードなインストゥルメンタル・パートが交錯する、独自の世界を築いていた。
  
この3人で4人編成時代を含めたテクニカルな楽曲を、ライヴでどのようにこなすのかは興味津々なところであった。実際のステージはギタリストのパートまでエディ・ジョブソンがカバーする素晴らしいもので、スタジオ編集作業などが大分行なわれていると言われるこのアルバムだが、それでもその出来の良さは格別である。
 
そのアルバムトップを飾る新曲「Night After Night」。最初聞いた時には、2nd以上にポップな感じの曲調にちょっと驚いた覚えがある。しかしこの曲も覚えやすいメロディーとともに、曲間にキレの良いオルガンソロが入る。このバランスがU.K.らしさなのだ。

そこで歌詞の内容であるが、「僕」は高速道路を車を走らせている。半狂乱のような状態になっている。目指すのは君の待つ家ではない。君は家にはもういないのだから。だから二人一緒にいられない今、僕は気が触れたようになって車を飛ばしている。

毎晩毎晩繰り返されたことを思い出す。それは後半で「the same lousy fight(同じようなくだらないケンカ)」である。それは他愛もないことのようであり、でも執拗に繰り返され止めることのできなかったこと。そんなことを毎晩繰り返すなんて、「僕」だって良いはずはないと思ってたのだ。

ちなみにCD添付のライナーノートでは「lousy tight」と記述されているが、ライナーノートの訳詞も「fight」で訳しているし、歌詞サイトなどで調べると「fight」となっており、実際に聴き取っても「fight」と歌って言うようなので、そちらを採用した。

「僕」はそうした過ちを犯し続けた過去の自分を振り返る。「a stranger」は自分とは思えなくなった自分のことではないか。その抜け殻のような、我を失っている自分の目をミラー越しか何かに見ながら「僕」は思う。過去の自分は過去(昨日)へ置いてこようと思っていたんだと。「will」とあるので、それはまだなされていないことがわかる。未来の予定あるいは意志でしかない。「future(未来)」の動きは早過ぎて、「僕」にはついていくことができない。「僕」は言い訳とも懺悔とも言えるような思いを吐露する。

そのついていけない未来とは何か。そもそも「僕」はなぜ気がおかしくなりそうになりながら、車を走らせているのか。家ではないのならどこに向って。

恐らく目的地は空港である。恐らく自分のもとを去り飛行機に乗って旅立とうとしている彼女を追って、空港にまで必死に車を飛ばしてきたのである。もちろん彼女を引き止めるために。
 
しかし滑走路にはすでに赤いライトが灯っている。飛行機はもう離陸体制に入っている。「The jet is moving too fast(飛行機は動きが早過ぎる)」とはそういうことだろう。「僕」は間に合わなかったのだ。飛行機が飛び去る爆音。そしてその後に残った見事なくらいな静寂。

僕は二人の距離が気持ちの面だけでなく物理的にもどんどん離れていくことを思う。そして伝えようと思いながら伝えられずに残された言葉の数々を思うのだ。

この曲はこうしたちょっとドラマチックながら、でもありがちな別れの一場面を綴ったものだろう。ちょっとしたいさかいの積み重ねが別れへと繋がる。そのプライベートな歌詞世界は、すでに「Heat of the Moment」に似てAsia的だと言えるかもしれない。

しかしジョン・ウェットンが歌うと、こんな別れの歌にも重みが出てくるのが不思議だ。

 

2010年8月8日日曜日

「ムーヴィング・ウェイヴズ」フォーカス

原題:Moving Waves / Focus






 

揺れ動く波たちよ、風はお前から去ったのに
お前はそれでもまだざわめき立っているのか?
揺れ動く波たちよ、風はお前から去ったのに
お前はそれでもまだざわめき立っているのか?

われらはいまだ教えられた言葉を繰り返し続ける
その言葉はわれらの全存在を恍惚へと向わせる

波たちよ、お前たちはなぜそれほど興奮して
同時にまた冷静でいるのか?

われら個々の行動の背後には
共通の衝動が働いているからなのだ
われら個々の行動の背後には
共通の衝動が働いているからなのだ

上昇する波…その衝動の背後にはどんな動機があるのだ?
その衝動の背後にはどんな動機があるのだ?

それは上昇し続けようとする欲求


Moving waves, the wind has left you
And you're still in commotion?
Moving waves, the wind has left you
And you're still in commotion?

We are still repeating the word it has taught us
It moves our whole being into ecstasy

Waves, why do you all become excited
And then all calm together?

Because behind our individual action
There is one impulse working
Because behind our individual action
There is one impulse working

Rising waves...what motive is behind your impulse?
What motive is behind your impulse?

The desire to reach upwards


【メモ】
オランダ最強のプログレッシヴ・ロックバンド、フォーカス(Focus)の傑作アルバム「Moving Waves」より、アルバムタイトル曲にして、唯一のボーカル曲である。

ボーカルではなくヨーデル入りボイス・パフォーマンスとして、一曲目の「Hocus Pocus(悪魔の呪文)」で強烈な声を聴かせたキーボード&フルート&ボーカルのタイス・ヴァン・レアが、ピアノ伴奏だけで、まるでクラシックの歌曲のようなストイックな歌唱を聴かせる。

フォーカスはこのタイス・ヴァン・レアとギターのヤン・アッカーマンという、強烈な個性と自己主張のぶつかり合いから生まれたバンドで、クラシックやジャズの要素を大胆に取り入れたインストゥルメンタル曲を主体とする。

したがって、もともと言葉で何かを訴えようとするバンドではないこともあって、歌詞は抽象的である。ちなみに作詞はフォーカスのメンバーではない。「words: Inayat Khan」とクレジットされている。Inayat Khan(イナーヤト・ハーン、1882-1927)はインド音楽の名手にして思想家、そしてまたスーフィズム(イスラム神秘主義)の宗教家・伝道者でもあった人物。この歌詞は、おそらくその彼の著作物からの引用であろうと思われる。

「moving waves(揺れ動く波よ)」は、実際に目にする水面の波ではなく、いわば心の動揺であり、抑えがたい情動である。心の水面を波立たせた「wind(風)」は、もう消え去ってしまっている。しかしその風によって突き動かされた波のざわめきは、今も消えることは無い。風がもたらした「word(言葉)」は今も「われら」を「ecstasy(恍惚)」へと導いてくれるのだ。

「wind」とは、新しい音楽を作り上げようとする何かのきっかけのことを示しているように思われる。それはちょっとした出来事や発見だったのかもしれない。しかしその体験が終わっても、突き動かされた情動は消えることはなく、波は今も尚ざわめき立っているのだ。

なぜそうなったのかは自分でもわからない。興奮しつつ冷静さも失っていない波は、まさに何かを創造しようとする衝動そのものに他ならない。理由も無く湧き出る抑え切れない衝動。

話者は「I(わたし)」ではなく「We(わたしたち)」という主語を使う。「われら個々の行動の背後には/共通の衝動が働いているのだから」、「興奮しながら同時に冷静でいる」ことができるという。

つまり個人的体験ではなく、集団が持つ大きな衝動なのだ。狭く取ればバンドという小集団を指しているのかもしれないし、広く取れば1971年という時代の雰囲気を捉えていると言えるかもしれない。さらに広く取れば、気づかないけれどわれわれ皆が持っている原初的な衝動を述べているとも言える。

動き続け上昇し続ける波。その衝動の背後にあるのは何なのか?最後の一行はその答えとして訳した。それは「desire to reach upwards(上昇し続けようとする欲求)」。「reach upwards」は手をギリギリまで伸ばして、少しでも高みへと届こうとする様子であろう。
 
クラシカルな曲調と相まって、高みへ向う崇高な精神をも思わせる内容だ。著作物からの引用だとしても、この部分を選んで曲にしたことは、この2ndアルバム制作当時の、まさに新しい音楽を作らんとする意欲と情熱に、見事に合致した内容だったからに他ならないだろう。静かな曲調ながら、バンドの意欲と自信を感じさせる曲である。